drinksひろしま

世代を超えてお好み焼き&広島の酒を楽しむ![report第68回drinksひろしまfeatオタフクソース]

1部のオタフクソースさんでのフライパンで焼くお好み焼き教室の後、drinksひろしままで時間もあったので会場近くにある今田商店さんにお邪魔し広島の酒を楽しまさせていただきました。
nextひろしまで被爆体験を語っていただいた愛子さんもお元気で3種類の広島の酒を頂きみんなで楽しく盛り上がりました。
今田商店さんで集合写真
今田商店さんで集合写真
おいしい日本酒に後ろ髪を引かれつつ八丁堀のよっくん家へ。
drinksひろしまのレポートは、男気じゃんけんで勝った初参加の白川さんにお願いしました。
*****白川さんレポート****
第68回drinksひろしまのレポートを実家に帰省して書いてます。

「まずは、みんな若かった」

お好み焼き屋の感想を書かないといけないのでしょうが、殆どの方が若い方が多かったという印象が強かったです。

11風景これまで、「nextひろしま」の方には参加させていただき、そのためメールで「drinksひろしま」の案内が来るようになって、都合が合えば、参加したいと思ってました。「nextひろしま」の方は、同世代に近い方が、それなりにいらしたので、「drinkひろしま」の方も、それなりにいいのかと思って参加しましたが、参加してみると、自分ともう一人自分より年長の方以外は、結構若い方がいらして、最初はちょっと大丈夫かと思いました。

7料理

なので、最初は、自分よりも年長の方の隣に座って若い人達と対峙するという形で始めました(笑)

「そして後半は‥」

飲み会前半は、普通に相手の現在の仕事なりを聴いて対応していましたが、後半は、高校の後輩と話すことになって、自分の中学校の同級生に教わったことを知り、彼に、それを教えて盛り上がったり、関東に上京して間もない方が居て、上京したての頃を思い出しつつ首都圏の奥深さを語ってしまったりと、

何気に年長者、経験者として語って盛り上がった感のあった会でした!

9風景

「第1部には参加しなかったですが‥」

第1部のオタフクの方ともお話ししましたが、お好み焼きを圧縮するのは技術が要るので、若い人が経営する店では、圧縮しない場合が多いとか、東京でのお好み焼き屋の現状とか聞けて良かったと思います。

6料理風景

お店紹介
2よっくん家外観4オーナー最後にお店についてですが、場所が、八丁堀ということで、どうしても広島市の八丁堀を連想しますが、「本場広島の製麺所で作った地元の麺」という張り紙が店の前で貼っていて期待に違わぬ内容で、更に、そば意外にうどん入りを久々ぶりに食べたというのが印象に残りました。
  • 店舗名:鉄板Dining よっくん家
  • 住所:東京都中央区八丁堀3-14-2 東八重洲シティービル B1F
  • 電話:03-3553-1488
  • web:http://www.yokkunchi.com/

5料理風景10お好み焼き

レポーター自己紹介
drinksひろしまは初参加でしたが、居残り組で結構楽しみました。
  • 名前:白川敏彦(しらかわ としひこ)
  • 出身:広島県安芸郡海田町
  • お仕事:CAEソフトウェア販売代理店でサポートとかに携わってます
  • drinksひろしま参加回数:1回目 
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top