カルチャー

report[トップクリエイターのひろしま in TAUに行ってきました!]

1月30日(金)に
広島ブランドショップ・tauで開催された広島県主催の
『トップクリエイターのひろしま「谷尻誠×前田育男トークライブin TAU」』
に行ってきました!
このトークショー、ものすごく刺激的でした!!

DSC04285

マツダのデザイン本部で執行役員を務められている、前田育男さん。
折しも、この1月30日はマツダ95周年の創立記念日でした。
「凛とした、日本にしかない美意識」
「作品作りに妥協したくないが、同時に売らなければいけない」
「他社を真似するのでなく、自らが作りたいものをデザインしてみる」
「日本の美意識とは、100言いたいことを99削り落として1で表現する」
「クルマを命あるアート、心高ぶるマシンにしていきたい」
こうした考え方が、今のマツダのクルマ作りに生かされているのですね!

DSC04287

建築家・谷尻誠さん。
現在発売中の「Casa BRUTUS」(マガジンハウス、2月号)
特集「家を頼みたい、21人の建築家」にも選ばれている、今をときめく方です。
「最初から建築をやりたかった訳ではなかった」
「作りながら建築のノウハウを覚えていった」
「自分が住みたいか、働きたいかを徹底的に考える」
「ユーザビリティにこだわって設計したい」

この2人の方々はマツダの販売店の設計で初めて知り合います。
そして、洗足店、碑文谷店の2店が谷尻さんの設計でオープンします。

碑文谷店、注目すべきは
「店長にノルマを課していない。売らなくていい」(前田さん)
ということです。販売店なのに売らなくていいのでしょうか?
「クルマを見て楽しんでもらえる設計にした」(前田さん)という
考え方のもとに作られたそうです。

また、
「納車ルーム」と言って、鍵を渡してもらえる時、
特別な部屋に通してもらえるそうです。

「クルマって安い買い物じゃないのに、普通のカウンターで
 『はい、どうぞ』って鍵を渡されることにすごく違和感があった」(谷尻さん)
「これは面白い提案を頂いたな、と。即採用でしたね」(前田さん)

きっと、碑文谷店はショールームのようで面白い設計になっているに
違いありません!
お近くの方は是非クルマを楽しむためだけに足を運んでみても
良いのではないでしょうか?
きっと、今までのディーラーとは違った体験ができるはずです!

また、広島県からのPRで
「ひろしまたてものがたり」という冊子も配られました。
広島県で人気のある建物のトップ30(webアンケート)が
発表されました。
ここでトップ5だけお知らせすると・・
1 厳島神社 (廿日市市)
2 原爆ドーム(旧広島県産業奨励館、広島市)
3 阿多田島灯台資料館 (大竹市)
4 広島平和記念資料館(本館、広島市)
5 NTTクレド基町ビル(広島市)
という内容でした。どうでしょう??
30位まで行くと、まだまだ知らないところもあるなと思いました。
ランキング30位まで全ては こちら にあります。

トークショーの後には交流会も開かれました。
残念ながらnextひろしまのメンバーは参加できませんでしたが、
すごく盛り上がったようです。

tauで開かれるこうしたイベント、
広島県が主催してくれるイベント、
もっともっと積極的に参加していきたいものだなと思いました。

本当に本当に貴重な時間でした。
広島県の皆さま、ありがとうございました!!

【参考リンク】
【インタビュー】マツダのクルマ造りを表現した内観デザイン…目黒碑文谷店リニューアル
(外部リンク:Response)

トップクリエイターのひろしま

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top